ホーム > トレンド情報 > IFRS

IFRS IFRS/国際財務報告基準におけるオービックオフィスオートメーションの取り組み

IFRS/国際財務報告基準の適用は6月の金融庁の中間報告「我が国における国際会計基準の取扱いについて(中間報告)」により、いよいよ明確な準備が必要となってまいりました。2010年から任意適用がスタートし、現状はコンバージェンス作業が進められている中で、2015年もしくは2016年からの全面適用が予定されております。詳細は明確化されていない点も多くありますが、IFRSへの対応が必要なお客様におかれましては、IFRS導入のためのさまざまな影響を想定し、準備作業に入られていることと存じます。また、国際会計基準の情報システムの対応として、会計業務範囲やグループ会社の会計システム対応、連結会計システムの対応、各個社の業務システムの対応などを検討する必要があります。

統合基幹業務システム『奉行V ERP』のIFRS対応ロードマップ

弊社のグループ会社であるOBCでは、統合基幹業務システム『奉行V ERP』の国際会計基準(IFRS)対応ロードマップを公開しております。

IFRS対応ロードマップ ※OBCのIFRSサイトにリンクします。

第1段階:IFRS(国際会計基準)のコンバージェンス対応

IFRSのコンバージェンスに伴う、日本の会計基準の改正に対応します。

第2段階:移行期シミュレーション

強制適用の決定前に、日本基準の帳票とは別に、並行してIFRSの帳票を、シミュレーションとして作成することによってIFRSに対する経営指針の検討や施策を決定する手助けをします。IFRSの本質を企業に取り込んで、グループ経営戦略の強化、決算早期化などによるステークホルダー(投資家等)への信頼性の確保することができます。

第3段階:アドプション対応

強制適用判断後は、長期コンバージェンス項目も含めた、各IFRS項目に随時対応します。
さらに、IFRS/国際会計基準そのものの制度改正にも随時対応し、経営戦略で活用する管理会計の機能を強化します。

IFRSへ対応について、OBC独自調査の報告と具体的なご提案をさせて頂きます。

固定資産管理システム 固定資産奉行V ERP

IFRS対応と他社の取り組み状況調査報告

I.IFRS対応は間に合うか?

具体的なご検討は進んでいますか!?

2015年度を初年度適用とした場合、移行期間に伴う遡及適用は、2013年度となります。
IFRS適応実施まで現時点で、既に準備期間は『2年』を切っています。

II.調査期から導入期へ

IFRS対応準備は、着実に実行段階へ進んでいます。

OBCで主催する『OBC-IFRS研究会』にて、IFRSの最新動向や経営に与える影響の解説・分析、具体的事例を取り上げたディスカッション等、一企業の枠を超え、知識と実務の向上に取り組んでおりますが、参加頂く各社でも現在は一通りの調査・分析を終え、基盤の構築・システム化に着手し始めています。

OBC IFRSセミナー参加者アンケートより、『対応実行段階』の回答数は2009年11月に2%だったのが、2010年2月には9%となり、2010年6月には13%となりました。

実現は『固定資産奉行V ERP』で

固定資産管理システム 固定資産奉行V ERP

固定資産奉行ⅤERPで、将来的なIFRS改正にも迅速に対応します。

III.システムで実現するIFRS

OBCが多くの企業に採用される理由とは?

機能

早期・長期運用対応の実現要素

  • 会計基準変更対応(資産除去債務・複数基準償却)機能を実装
  • 将来機能(IFRS追加対応・法改正対応・コア機能アップ)を永続的に利用可能なプログラム更新

価格

低コスト実現要素

  • 導入やライセンス費用が明確のため、不要な導入コストを圧縮
  • 今後のIFRS対応機能追加、法改正対応は保守費用内で対応

導入

短期導入実現要素

  • グループ方針(グループ・個社単体)にあわせた、無理・無駄のない導入が可能
  • 上場企業に約500社以上、関連子会社約5000社以上の豊富な実績

IV.具体的な実装機能

開発ロードマップ公開による継続した改正をサポート!!

1.複数基準償却計算対応

税務・会計基準、IFRS基準など最大7系統の計算基準を実装

2.会計基準間差額台帳対応

複数基準償却計算の差異調査表と注記を実現

3.資産除去債務ライフサイクル対応

資産除去債務の取得から履行までトータル管理実現

資産購入→(移動、減損、資本的支出、圧縮記帳、除却/売却、除去債務)→台帳管理→減価償却(税法基準、日本基準、IFRS基準)→償却資産税申告書、法人税申告書、固定資産台帳

資料請求・お問い合わせ

資料請求に関するお問い合わせはこちら:フリーダイヤル 0120-553-512資料請求お問い合わせ

関連情報

  • 奉行シリーズ
    奉行シリーズで経営課題を解決!
    流れるように、スマートに、「奉行シリーズ」は貴社の基幹業務を革新します。

    奉行シリーズ

  • 奉行連携ソリューション
    奉行シリーズのカスタマイズ事例と
    オービックオフィスオートメーションならではのソリューションをご紹介!

    奉行連携ソリューション

  • 奉行シリーズ向けサプライ
    奉行シリーズのサプライをご提供!
    グループ会社であるOBCとの連携体制により、最短納期にてお届けします。

    奉行シリーズ向けサプライ

  • サポート
    お客様のオフィスの不安を万全なサポート体制で解決します。

    サポート

このページの先頭へ戻る

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

トレンド情報