ホーム > 商品&サービス > ソフトウェア&ハードウェア > 奉行シリーズ > 商蔵奉行 i10

オービックグループ 商蔵奉行 OBC販売パートナー
奉行i10 クラウド運用 奉行クラウドEdge 奉行i10 新機能ピックアップ 奉行シリーズ オプション一覧

商蔵奉行Anniversary Edition

OBCの販売/在庫管理ソフト・システム【商蔵奉行i10】

商奉行 i10は、見積から受注・売上・請求・入金と複雑な販売業務の流れを強力にサポートする販売管理システムです。また、蔵奉行 i10は、発注から仕入・支払と面倒な在庫の管理を行うことができる仕入・在庫管理システムです。両システムとも、伝票を入力するだけで、売上に関しては納品書・請求書の発行など、仕入に関しては支払・在庫の管理がそれぞれ自動的にできるだけでなく、得意先・仕入先・商品別・その他様々な角度からの管理資料をスピーディーに作成できます。業務の流れに即した抜群の操作性と、他のソフトでは真似のできないきめ細やかで多種多様なデータを提供することで、お客様にとって複雑な業務を全面的にバックアップする心強い味方になります。

OBCの販売・在庫管理ソフト・システムの商蔵奉行i10】

営業・受注業務・購買のご担当者様へ


■電話やFAXによる注文や価格・在庫・納期・出荷状況の問合せは多いですか?

一定数以上の注文や問合せが電話やFAXでくる場合、受注情報を紙ベースや個別で管理しているときは、色々な問合せに対応するのに非常に時間がかかるというような問題が発生しがちです。  また、システムを使用していても、受注残の管理まではうまくできないというご相談を受けております。
商奉行 i10のような受注管理システムを導入すると、すべての情報が担当者間で共有できるので、納期や受注残の管理、状況や価格の検索、売上から請求まで効率良く行えます。


■発注書発行 ⇒ 仕入計上 ⇒ 支払いまでの業務プロセスはスムーズでしょうか?

よく耳にするのが「システムは導入しているが、発注書はExcel(エクセル)で作っている」「仕入先納期は倉庫でしかわからないので、その都度確認しないといけない」「入荷済・未入荷の管理ができない」といった問題です。  また、購買部門がある企業様は、仕入価格の集中管理により原価抑制したいが、各部門ごとの消耗品や備品、資産などの購買・発注管理ができないという悩みもお持ちのようです。
蔵奉行 i10のような発注管理システムを導入すると、仕入品の納期や仕入単価などの管理ができるようになり、発注残の管理だけではなく仕入から支払まで正確に処理できる仕組みが社内に出来上がります。

さらに、商奉行と蔵奉行を同時に使用すると、(1)見積書作成 ⇒ 受注 ⇒ 発注 ⇒ 売上・仕入 ⇒ 在庫管理 (2)請求 ⇒ 回収予定確認 ⇒ 入金 ⇒ 入金消込 (3)支払締め ⇒ 支払予定確認 ⇒ 支払 ⇒ 支払消込 まで一連の流れの中でモレなく業務を進めていくことができます。

商蔵奉行i10 4つのコンセプト

1.商品管理の充実 2.業務処理統制の強化 3.業務プロセスの改善 4.管理・分析機能の向上

  • ひとつの商品に最大3つの商品名・商品コード・メモと、最大5つの商品カテゴリの設定ができます。
  • 伝票番号の重複・原価割れ・与信額越え・在庫割れの自動チェックができます。
  • 伝票承認・権限設定などの機能が充実しています。
  • 見積書から受注伝票、受注伝票から売上伝票、見積書から売上伝票へのリレー入力によるデータ連携ができます。
  • 入金データをもとに、回収予定基準・入金伝票基準の2つの消込方法で回収消込ができます。
  • 倉庫別の在庫管理や倉庫間移動の管理ができます。
  • 管理・分析用の帳票(売上明細表・仕入明細表・売上集計表・仕入集計表・売上順位表・仕入順位表・売上対比表・仕入対比表・売上ABC分析・仕入ABC分析・売上仕入対比表・取引実績一覧表・予算実績対比表など)が充実しています。

商奉行 i10  蔵奉行 i10 システム概要

商奉行 i10の見積から受注・売上・請求・入金など、販売管理業務プロセスを網羅した販売管理ソフトと、仕入・在庫管理システムである蔵奉行 i10を完全統合し、販売・仕入・在庫を総合的に管理することができます。EDIシステムやBIソリューションなどの外部システム連携や、外部からの商品マスター・伝票データの取り込み、オプションシステム・奉行シリーズとのデータ連携など、高い拡張性を実現しています。

【商奉行 i10 蔵奉行 i10 システム概要図】

商奉行 i10 機能アップ:日本郵便Webレター向け請求書ファイル出力

『請求書発行メニュー』から、日本郵便の『Webレター』サービス向けに請求書の内容をファイルで出力できます。
出力したファイルを日本郵便のホームページにアップロードすると、日本郵便が請求書の印刷・封入投かん・発送を代行します。
※『OMSS』のご加入と、日本郵便のWebレターのお申込が必要です。別途、ご利用料金が発生します。

商蔵奉行 i10 連携・組合せ・システムアップ活用例

商奉行i10 Sシステム + 入金消込オプション

売掛金・入金の管理
● 請求書は各事業所の合計金額で発行しているが、入金が個々に振り込まれるので、付け合せに手間がかかる。
● 未入金の得意先の把握に時間がかかる。
● 納品書の発行のみで請求書を発行しない得意先の入金管理が難しい。

入金消込オプションで解決!
● 伝票ごと、明細ごとに消込ができるようになったので、業務効率が上がった。
● チェックを付けるだけの操作で入金伝票が起票できるので、とても簡単。
● 各事業所ごとの未入金、停滞している債権を一覧表で確認できるので、回収漏れの防止につながった。

▼ 入金消込オプション導入後は、こんな入金業務フローになります! ▼

入金消込オプション導入後の業務フロー

商奉行i10 NETWORK Edition Type-NP 3ライセンス withSQL + 蔵奉行i10 NETWORK Edition Type-NP 3ライセンス

煩雑な在庫管理
● それぞれの在庫形態ごとに台帳があり全体をすぐに把握できない。担当者が異なるため情報共有が難しい。
● 売上計上した商品を納品せず、保管しておく場合がある。
● 仕入ではなく、メーカーから商品を預かっておく『預り品在庫』がある。
● 販売業者へ納品した商品が実際に売れるまで『送った預け在庫』になる場合がある。

商蔵奉行のネットワーク化で解決!
● 属人化していた在庫管理が情報共有できるようになり、業務効率が上がった。
● 『預り伝票』機能を使用することで、預り品の在庫数が簡単に把握できるようになった。
● 『仮入荷伝票・仮出荷伝票』機能を使用することで、正確に自社在庫の管理ができるようになった。

▼ ネットワーク化後は、こんな在庫管理方法になります! ▼

ネットワーク化後の在庫管理方法

商奉行i10 その他の連携サービス・運用サービス・機能UPはこちら

奉行i10 クラウド運用 奉行クラウドEdge 奉行i10 新機能ピックアップ 奉行シリーズ オプション一覧

商蔵奉行 Anniversary Edtion 3つの特徴 2020年3月31日までの限定販売!

1. 5つのオプション

 通常の商蔵奉行i10スタンドアロン版に下記の5つのオプションを標準搭載しています。

2. 消費税改正対応

 区分記載請求書・適格請求書(インボイス)の消費税改正に確実に対応します。

  • 税率自動判定:取引の日付に合わせ消費税率を自動判定
  • 軽減税率対応:商品ごとに税率種別を設定・取引時に自動表示
  • 帳票出力・インボイス対応

3. 特別価格

 セットアップ指導などのユースウェアは含まれておりません。※税抜価格です。

商蔵奉行Anniversary Edition特別価格 お問合せください

奉行シリーズの導入までの流れ

オービックオフィスオートメーションではお問い合わせいただいてから導入後のサポートまで総合的なサービスをご提供しております。

奉行シリーズの導入フローを見る

資料請求・お問い合わせ

資料請求に関するお問い合わせはこちら:フリーダイヤル 0120-553-512資料請求お問い合わせ

関連情報

  • 奉行連携ソリューション
    奉行シリーズのカスタマイズ事例と
    オービックオフィスオートメーションならではのソリューションをご紹介!

    奉行連携ソリューション

  • 奉行シリーズ向けサプライ
    奉行シリーズのサプライをご提供!
    グループ会社であるOBCとの連携体制により、最短納期にてお届けします。

    奉行シリーズ向けサプライ

  • サポート
    お客様のオフィスの不安を万全なサポート体制で解決します。

    サポート

  • 導入事例
    導入事例についてお客様からいただいた声をご紹介。

    導入事例

このページの先頭へ戻る

特定分野・地域限定システム&サービス

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

商品&サービス

ソリューション