ホーム > 商品&サービス > ソフトウェア&ハードウェア > 奉行シリーズ > 固定資産奉行 i10

オービックグループ 勘定奉行 OBC販売パートナー
奉行i10 クラウド運用 奉行クラウドEdge 奉行i10 新機能ピックアップ 奉行シリーズ オプション一覧

OBCの固定資産管理ソフト・システム【固定資産奉行i10】

企業のあらゆる資産を包括的に管理し、
効率化と情報精度の向上を実現

固定資産奉行 i10では、画像・設置場所・購入先など資産情報管理を強化でき、取得から減価償却、売却、除却までのライフサイクルを一元管理。リース資産では契約開始から再リース、解約に至る契約状況管理を実現し、オン・オフバランスの自動判定機能も搭載しています。

奉行10シリーズ 固定資産奉行i10

固定資産奉行 i10 5つのコンセプト

固定資産奉行 i10は、「固定資産管理機能」「税務基準対応」「操作・処理機能」「リース資産オンバランス化対応」「アウトプット機能」など5つの視点から機能強化を図っています。

【コンセプト1】 固定資産管理機能

  • 充実した管理項目によるデータの一元化を実現
    エクセルなど、様々なファイルに分散管理されている固定資産・リース資産に関するデータを、全て集約・ファイリングし、汎用性の高い情報として取り出せます。また、内部統制上の資産保全の確保を証明する資料としての写真管理や見積書、稟議書、検収報告書などのスキャンデータを含めた情報を一元管理できます。

【コンセプト2】 税務基準対応

  • 徹底した税務基準への対応
    減価償却費仕訳だけでなく、固定資産の管理上発生する仕訳(取得・移動・除却・売却)を作成できます。税法特有の償却(特別償却・割増償却)に対応しており、法人税・償却資産税に関する申告書などを作成できます。各役所や税務署にそのまま提出することができます。

【コンセプト3】 操作・処理機能

  • 入力の効率化・ミス低減を実現する「資産初期値設定」機能
    資産勘定科目に対して償却方法、残存率、償却可能限度率、備忘価額、資産の種類、費目区分を部門別にあらかじめ関連つけておくことができます。また、部門・設置場所・取引先への有効期間設定ができます。

【コンセプト4】 リース資産オンバランス化対応

  • 「新リース会計基準」対応機能を強化
    リース資産の契約から再リース、契約満了に至るまでの情報を一元管理できます。オペレーティング/ファイナンスリース、売買処理/賃貸借処理、消費税控除方法を自動判定し、オンバランス物件の場合の減価償却費計上、申告書作成、会計システム連携までトータル的に管理できます。

【コンセプト5】 アウトプット機能

  • 出力条件・項目の自由な組み合わせで汎用性の高い帳票出力
    各帳票の明細表・合計表形式での出力や集計パターンの登録ができます。また、CSV形式などのデータアウトプット時には、管理項目を出力条件として指定できるため、目的に応じた自由な集計・出力ができます。
    ※おすすめ! ジャンプ機能 合計表→明細表→資産登録へのジャンプができますので、確認したいデータの追跡調査や資産情報の修正などが迅速に行えます。

固定資産奉行 i10 システム概要

固定資産奉行 i10は、固定資産の取得から減価償却、資本的支出、移動、除却にいたるまでの各段階における適切な処理や、固定資産の画像やファイル管理など、情報の一元管理を実現しています。
固定資産台帳や償却予定一覧表などの管理帳票、償却資産申告書や法人税申告書などの申告書の作成・出力ができます。
リース資産の契約開始から満了まで、支払金額や再リースなどの契約管理、フルペイアウト判定などができます。リース料支払一覧表やリース債務一覧表、リース債務返済スケジュールなど、リース資産にまつわる豊富な管理資料の出力ができます。

【固定資産奉行 i10システム概要図】

充実した管理項目を搭載し、資産管理を実現

  • 管理項目
    資産勘定や税務基準における取得価格等はもちろんのこと、資産管理上必要な書類を添付する「添付ファイル管理」や「資産所在管理」・「画像管理」・「購入先管理」など多彩な管理を実現します。

多彩な資産管理を実現し、企業資産の統括管理を実現

  • 多彩な資産管理の実現
    固定資産の取得時、資産の一括変更、移動、分割、(一部)除却・売却、資本的支出等も簡単に管理ができます。資産登録後は、償却費計算から台帳、申告書の作成まで全て自動で処理します。

新リース会計基準により煩雑化する会計処置を軽減

  • リース資産管理
    リース契約時に数回分の支払いを行う「前払リース」の場合や契約終了時に「再リース」を行い継続利用する場合など、運用シーンを想定した管理を実現。また、中途解約時の「規定損害金」の管理などの新規のリース契約管理だけでなく、細かな状況管理を行う事が可能です。
  • リース資産登録と資産計上、減価償却費計算を一括処理
  • 所有権移転外ファイナンスリースの消費税管理
  • 元本と利息の把握機能
  • 法人税別表十六(四):リース期間定額法による償却額の計算に関する明細書の出力が可能

資産移動や除却・売却まできめ細やかな管理を実現

  • 資産ライフサイクル管理
    除却処理では、処分費用・売却価値に基づき除却/売却損益を自動計上。また、除却時の簿価指定が可能。有姿除却では貯蔵品計上、貯蔵品除却まで対応。資産移動では、取得から現在までの移動履歴が管理され、勘定奉行との連携時には移動履歴を加味した仕訳データの作成が可能です。

固定資産奉行 i10 とのデータ連携 3つのポイント

【ポイント1】 勘定奉行勘定奉行 [個別原価管理編] 連携

固定資産奉行 i10で処理された資産の「減価償却」「取得」「移動」「除却」「売却」「減損損失」、リース資産の「ファイナンスリース契約」「リース料支払」などのデータを勘定奉行 i10・勘定奉行 i10[個別原価管理編]へ直接「仕訳伝票」として受け入れることができます。

【ポイント2】 申告奉行 [法人税・地方税編]連携

固定資産奉行 i10で、申告奉行 i10 [法人税・地方税編に受け入れ可能な形式に各種別表データを変換できます。

【ポイント3】 申告奉行 [内訳書・概況書編]連携

固定資産奉行 i10で処理された「取得」「売却」などの資産データを申告奉行 i10 [内訳書・概況書編]の内訳書データとして、直接もしくはファイル連動ができます。

奉行シリーズの導入までの流れ

オービックオフィスオートメーションではお問い合わせいただいてから導入後のサポートまで総合的なサービスをご提供しております。

奉行シリーズの導入フローを見る

資料請求・お問い合わせ

資料請求に関するお問い合わせはこちら:フリーダイヤル 0120-553-512資料請求お問い合わせ

関連情報

  • 奉行連携ソリューション
    奉行シリーズのカスタマイズ事例と
    オービックオフィスオートメーションならではのソリューションをご紹介!

    奉行連携ソリューション

  • 奉行シリーズ向けサプライ
    奉行シリーズのサプライをご提供!
    グループ会社であるOBCとの連携体制により、最短納期にてお届けします。

    奉行シリーズ向けサプライ

  • サポート
    お客様のオフィスの不安を万全なサポート体制で解決します。

    サポート

  • 導入事例
    導入事例についてお客様からいただいた声をご紹介。

    導入事例

このページの先頭へ戻る

特定分野・地域限定システム&サービス

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

商品&サービス

ソリューション