先輩社員インタビュー
03
/ 05
オフィスシステム営業部 グループリーダー / 2015年入社
H.K

将来はもっと提案力をつけて、
お客様のブランディングにまで
携わることが目標です。

「ここなら笑って働けそう」と思い、
入社を決めました

私はオービックオフィスオートメーションが3社目。1社目ではコインパーキングの営業をして、2社目では宝石の販売と事務を兼務していました。就職してからずっと営業に近い仕事をしていたので、そろそろ別の仕事をしたいと思い始めたのが転職のきっかけ。とはいえ完全に事務になるのも性に合わないかな…と思っていたところに、オービックオフィスオートメーションの営業アシスタントの募集が出ていたのです。詳しく知るほど魅力的に思えたので応募しました。決め手になったのは、面談してくださった人の人柄。関西の方だったのですがノリが良くて、「あ、ここなら笑って働けそうだな」と思ったことが入社の決め手になりました。今は営業アシスタントの部署からオフィスシステム営業部へ異動になり、営業をしています。

せっかく私から買っていただくのですから、
+αの価値でお応えしたい

法人のお客様の困りごとをお伺いし、商材での課題解決をご提案するのがオフィスシステム営業の仕事です。メイン商材は「奉行シリーズ」で使用するサプライ用品やプリンタートナー、インクなど。他にもホームページ制作やカード発行機をご提案することもあります。お客様のご要望を引き出すために活用しているのが、ヒアリングシート。これはアシスタント時代の経験が役に立っています。そのうえで心がけていることは+αでお返しすること。私たちは販売代理店ですので商品は他社で買っていただいても同じです。そうなればお客様が気にされるのは価格ですよね。それでも弊社から買っていただくために私ならではの付加価値をどうつけられるかは常に考えています。例えば、つい先日も社内のコミュニケーション不足に悩むお客様に、別件でお見積書をお送りする際にコミュニケーション改善の参考資料をあわせてお送りしたところ、大変喜んでいただけました。商品の売買に直接関わることではありませんが、人対人の関係のなかで+αができて良かったなと思います。

先輩や上司が部署の枠を超えて
力になってくれます

提案力をつけることが今の私の課題です。アシスタント時代はヒアリングをして営業さんにパスするだけでしたが、今はお伺いしたことをかみ砕いて、調べて、提案するまでがひとつの流れ。商品知識や提案力をつけるために日々努力しています。そのなかでとても力になっているのが、先輩や上司の存在。当社には困っていたら部署を超えて助け合う風土があるため、誰かに何かを相談すると「それはあの人が詳しいよ」と教えていただけるのです。例えば先日もお客様から「フロアマットがほしい」と言われたときのこと。家具の課長に相談しに行ったら、カタログからお付き合いのあるメーカーさんなどをいろいろご紹介いただいただけではなく、本来なら課長の売上になるものを私につけてくださいました。相談に乗ってもらって勉強になって売上にもなって。いいこと尽くしですよね。他にも、幅広い商材を扱えるようになるために展示会へ足を運び、さまざまな業者の方と名刺交換する機会を持つようにしています。ご提案したことをベースにしながらお客様の会社のブランディングにまで携われるといいなと思います。

自分はどんな働き方をしたいか。
イメージを描いてから会社を選んでください

私は今、社会人として12年目。いま就職活動をされている方にアドバイスをするなら、自分がどんな働き方をしたいか、自分の人生において仕事のウェイトはどのくらいを占めるのかをイメージしてから会社選びをしてくださいとお伝えしたいです。なぜなら、自分の就活はリーマンショックの影響もあってか就職氷河期だったため、将来のことを考えないままに活動し始めてしまい、後悔だらけだったからです。今でこそフィットした職場にいますが、皆さんはもっと早くからイメージしていれば、より楽しく働けるようになると思います。

事業内容

オービックオフィスオートメーションでの働き方

先輩社員インタビュー

自由な社風でのびのびそれぞれのスタイルで活躍する、先輩社員たちを紹介します。

  • オフィスシステム営業部 /
    2019年入社
    R.Y
  • カスタマーサポートサービス部 /
    2017年入社
    R.Y
  • オフィスシステム営業部 グループリーダー /
    2015年入社
    H.K
  • オフィスシステム営業部 課長代理 /
    2010年入社
    H.F
  • オフィスシステム営業部 課長代理 /
    2006年入社
    T.S