領収書スキャンデータ 会計連携

奉行連携ソリューション財務会計ソフト・ハード財務会計

領収書スキャンデータ 会計連携の概要

領収書/レシートをキヤノンの複合機「imageRUNNER ADVANCE DX」シリーズで一括スキャンすることで、 金額や日付などを高精度のOCRで抽出。
手書き文字にも対応します。
電子帳簿保存法対応の画像とOCR結果を「勘定奉行クラウド」に自動連携し、仕訳処理が効率化します。

この連携ソリューションにより以下のお困りごとを解決できます。

  • 電子化したいが、やり方がわからない
  • 1枚ずつスキャンしてPCからアップロードするのが手間
  • 入力ミスが多い
  • 領収書の仕分け、仕切り、バインドなどの保管作業が手間
  • 領収書の保管スペース、コストの負担が大きい
  • 過去に原稿を紛失したり、見失ったりしたことがある

導入効果

電子帳簿保存法に準拠

領収書/レシートのスキャンしたデータ画像は、電子帳簿保存法に準拠した形式で「勘定奉行クラウド」に保存が可能です。

複数の領収書を一括スキャンし、会計処理を効率化

ADF(自動原稿送り装置)に通紙できない小サイズの領収書など、最大10枚まで原稿台に配置し、一括スキャンが行えます。
画像切り取り技術により、領収書は1枚ごとに分割、傾きや正逆を自動補正して、勘定奉行クラウドに保存ができます。
これにより、簡単に電子化の実現が可能です。

活字/手書き文字の転記も省力化

キヤノン独自の文字認識技術により、手書き領収書の金額/日付もスキャンするだけで「勘定奉行クラウド」に転記が可能です。
また、発行元会社情報も電話番号から抽出できます。
項目抽出技術により、文字認識する箇所を自動的に特定するため、事前帳票登録は必要ありません。

ご相談後の流れ


システム選定に向けたヒアリング

お客様の現在の運用状況やお使いいただいているシステム、求められる機能やセキュリティ要件、また現状の課題など、経験豊富なスタッフがヒアリングさせていただきます。
システム管理者がいない、システム管理者の負担軽減のために管理運用も含め外部委託したい、ランニング費用に不安がある、他社システムの利用状況、奉行シリーズとの連携有無、社内ネットワーク、セキュリティなど、お客様によって課題やご要望は様々です。
まずは、お客様に最適なシステム選定を行うため、ヒアリングを丁寧に行わせてていただきます。

リストアップしたシステムやオプションのご説明

お客様の要件に可能な限り沿ったシステムやオプションを幅広いラインアップ、ネットワークを駆使し選定します。
選定したシステム、オプションについてのご提案をさせていただきます。必要に応じてご予算組みのためのお見積り作成やデモンストレーションも行いますのでお申し付けください。
※弊社ではお客様の導入後の運用を最重視しております。
ヒアリングの結果、ご提案システムが限定される場合や、ご提案すべきでないというご回答になるケースもございます。
無理なシステム導入は業務負荷の増大に繋がることもございますため、その際はご容赦ください。
 

お見積りの提示(初期・月額・年額)

これまでのご提案内容を含め、最適な構成での費用をご提示いたします。
イニシャル費用重視なのかランニング費用重視なのかなど、費用への考え方もお客様によってさまざまです。
これまでにヒアリングしたご要望に合わせてご提案いたします。

導入~運用

よりスムーズに運用開始できるよう、製品メーカーとの交渉事などサポートを行います。
運用後もより快適な運用をいただけるよう、機能追加のご提案などを行います。
担当者からのひとこと
本ソリューションの導入により、手入力の手間を省けるだけでなく、簡単に電子化も実現し保管が大変スムーズになります。
また、勘定奉行クラウドに直接保存ができるので、会計処理の効率化につながります。
会計、仕訳処理にお困りのお客様はオービックオフィスオートメーションにご相談ください。
お問い合わせ

お問い合わせ

奉行シリーズの操作については下記をご確認ください。

PAGE TOP