申告奉行クラウド 内訳書・概況書編

奉行奉行クラウドソフト・ハード財務会計

概要

クラウドのパワーで内訳書や概況書作成にとどまらない、申告業務全体の生産性を向上します

1.データ連携により、内訳書を自動作成

    勘定奉行クラウドなど奉行クラウドとリアルタイム連携し勘定科目内訳明細書を自動作成します。また、他システムのデータも取り込むことが可能です。

2.社内メンバーや税理士と一緒に申告業務を行える

    税理士などの専門家と一緒に使える「専門家ライセンス」を標準搭載しています。またクラウドだから複数名で同時に業務を進めることができます。

3.電子申告まで一気通貫で行える

    電子申告用の内訳書・概況書データを作成できます。また、勘定奉行クラウドや申告奉行クラウド[法人税・地方税編]と合わせてご利用いただくことで、申告に必要な帳票をまとめて電子申告することができます。



特長

機能紹介


会計データを連携し
内訳書の作成を自動化

勘定科目内訳明細書のもととなる会計データをインポートし、内訳書作成を自動化できます。また、勘定奉行クラウドと一緒にご利用いただくことでリアルタイムにデータ連携し、よりスピーディに勘定科目内訳明細書を作成することができます。

内訳書のレイアウト変更も
わずか数クリック

合計行の挿入やその他明細への異動、明細行の並べ替えなど、わずか数クリックのかんたん操作でレイアウトを変更でき、自社に合わせた帳票イメージに瞬時に変更できます。

その他明細への集約を自動判定
個別表示の切り替えもワンタッチ

売掛金や手形など、内訳書の金額からその他に集約できる明細を判定し、自動的にその他に集約することができるため、レイアウト調整の手間を削減できます、また、自社のイメージに合わせて個別明細表記に変更することも可能です。

実際のイメージを見ながらかんたん入力

法人事業概況説明書や会社事業概況書のイメージを同一画面で確認しながら、かんたんに入力を進めることができます。KSK(国税総合管理)システムに対応しているため、OCRへのダイレクト印刷はもちろん、白紙へのKSK様式印刷も可能です。

電子申告で
社内にいながら申告が完了

勘定科目内訳明細書や概況書の電子申告用データをわずか数クリックで作成することができます。作成されたデータはそのままe-TAXに取り込むことができ、社内にいながら申告業務を完結できます。


other

主な出力帳票一覧

勘定科目内訳書

-預貯金等
-受取手形
-売掛金(未収入金)
-仮払金(前渡金)
-貸付金及び受取利息
-棚卸資産(商品又は製品、半製品、仕掛品、原材料、貯蔵品)
-有価証券
-固定資産(土地、土地の上に存する権利及び建物に限る)
-支払手形
-買掛金(未払金・未払費用)
-仮受金(前受金・預り金)
-源泉所得税預り金
-借入金及び支払利子
-土地の売上高等
-売上高等の事業所別
-役員給与等
-地代家賃等
-工業所有権等の使用料
-雑益、雑損失等

概況書

-法人税事業概況説明書
-会社事業概況書(総括表)
-会社事業概況書(子会社の状況)
-会社事業概況書(コンピューター処理の概要)
-会社事業概況書(海外取引等の概要)

関連製品

関連情報

 
おすすめマーク
このページの関連情報
お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-553-512

営業時間:9:00~17:30 (土曜・日曜・祝日・年末年始および、弊社休業日を除く)

携帯電話・PHSのお客様は03-3245-6805へお問合せください。
※通話料金はお客さまのご負担となります。
※電話番号をよくお確かめのうえ、おかけください。

PAGE TOP