郵便料金値上げへの備え

ソリューション/関連トピックストピックス

郵便料金値上げへの備えの概要

2024年秋よりはがきや定型封書の郵便料金が値上げされることが総務省より発表されました。
請求書を紙で送付する場合と比較して、電子化に置き換えた場合月200件発送すると計算すると、最大年間で発送経費40%、作業時間99%の削減が見込まれます。
郵便料金の値上げに対する備えとして、請求書業務を電子化するメリットについてご紹介します。


郵便料金引き上げ金額表

請求管理電子化クラウドでは、請求書を電子化し送付作業を自動化できます!


奉行Edge請求管理電子化クラウドへのリンク画像



請求書を紙から電子化する流れの図


請求管理電子化クラウドは請求書をペーパーレス化することで、印刷・仕分け・封入・封かん・送付作業がなくなります。
紙の請求書を送付する場合と比較して、毎月の請求書発行の業務が格段にラクになり、さらにコストにおいても、月200件の請求書の発行を仮定すると年間40%の削減が見込まれます。

年間発送コストと時間の比較図

※OBC調べ:
■請求書発行 : 月200件(締め2回) ■業務担当者 : 1名 ■業務担当者の時給 : 1,800円 ■用紙代 : 2円/枚
■印刷代 : 14円/枚 ■封筒代 : 17円/枚 ■郵送代 : 110円/通 を想定した場合

ご利用中の販売管理システムでも請求データをPDF化すれば連携が可能に

奉行Edge請求管理電子化クラウドでは、ご利用中の販売管理システムから出力される請求書をPDF化し取り込むことで、連携することができます。
PDF以外にも、CSVファイルやAPIなどにも対応しているため、あらゆる販売管理システムとの連携が可能です。

基幹システムから請求管理電子化クラウドへのデータ取り込みイメージ図



奉行Edge請求管理電子化クラウドへのリンク画像
担当者からのひとこと
奉行Edge 請求管理電子化クラウドは、改正電子帳簿保存法・インボイス制度にも対応しています。
取り込んだ請求書データはタイムスタンプ付きの電子請求書として発行されるので、改正電帳法の要件を満たした状態で自動保管や送付が可能です。また、インボイスの記載要件にも標準対応しています。
制度対応を実現するだけでなく業務の効率化もサポートすることができますので、様々な課題でお悩みのお客様も、是非一度オービックオフィスオートメーションへご相談ください。

関連情報

お問い合わせ

お問い合わせ

奉行シリーズの操作については下記をご確認ください。

PAGE TOP