ホーム > ソリューション > 奉行クラウドソリューション > クラウドマイナンバー管理システム(OMSS+ OBCマイナンバーサービス)

OMSS+マイナンバー収集・保管サービス(クラウド マイナンバー管理システム)

マイナンバーサービスはOBCの開発製品です。

クラウド マイナンバー管理システム(OBCマイナンバーサービス)は、給与奉行・人事奉行・法定調書奉行と連携し、個人番号(マイナンバー)の収集・保管ができるクラウドサービスです。クラウドを活用して個人番号を正確かつ効率的に取得し、本人確認と安全管理を実現します。自社内で個人番号を保管しない仕組みと番号を目的外利用させない仕組みにより、リスクを低減できます。
また、奉行シリーズ以外の給与システムなどの様々な基幹システムでもCSV連携が可能です。

マイナンバー収集・保管サービス(クラウド マイナンバー管理システム)のサービス概要図 奉行シリーズはシームレス連携、他社の基幹業務システムとはCSV連携ができます。

マイナンバーの管理上リスク

個人番号の取得・保管からその利用・廃棄までの厳格な管理が必要です。また、漏えいした場合は、個人情報保護法よりも重い罰則が科せれれる場合があります。

  • 対面や郵送だと情報がすぐに集まらず、取得漏れや確認漏れが発生する!
  • 収集した個人番号をメール等で人事部に報告する際に、漏えいリスクが生じる!
  • 保管:収集した個人番号をメール等で人事部に報告する際に、漏えいリスクが生じる!
  • Excelファイルや紙での管理だと個人情報の漏えいや紛失のリスクが高い!
  • 手作業で個人番号の取り扱い履歴を残すのは、漏れや手間が大きい!
  • 業務担当者の教育や、保管が不要になった退職社員をピックアップするのに、漏れや手間が大きい!

これらのリスクはクラウドマイナンバー管理システムで解決できます!

サービスの特長

特長1:従業員や個人支払先からの個人番号収集の多様性に対応

従業員や個人支払先の方は、番号を持ち出すことなく自宅のパソコンやタブレット・スマートフォンなどを使用して番号提出ができます。

特に、個人支払いの多い出版業や不動産業の場合、報酬や使用料などの支払調書の発行が多く、個人番号の収集や管理が大変です。このシステムと法定調書奉行を使用することで、業務の効率化やリスクの回避ができます。

特長2:セキュアなクラウド上で番号管理

自社内に個人番号を持たないことで、漏洩・滅失・毀損を防止できます。
本人確認・番号利用時など、電子証明書認証やSSL暗号化通信で安全な運用ができます。

特長3:基幹システムと連携可能

奉行シリーズはもちろん、その他の様々な基幹システムとも連携運用ができます。
奉行シリーズは、閲覧・出力・廃棄まで自動連携ができます。
他のシステムは、CSVダウンロード・削除処理ができます。

マイナンバー運用モデル

本格的な利用に伴う業務と課題

① マイナンバーを利用する際には、そのすべての業務において取扱い履歴の記録が必要になります。

※「ログ履歴」ではなく「取扱い履歴」の記録が必要です。

マイナンバー取扱い履歴の記録

② マイナンバーの利用業務が、年末調整業務全体の効率化のカギになります。

OBCマイナンバー運用モデル

支払調書のマイナンバー運用モデル

支払調書のマイナンバー利用で必要な業務

個人支払先に一定額以上の報酬や謝金の支払が発生した時に作成し、税務署に提出する支払調書には、マイナンバーを記載しなくてはいけません。高まる『業務負荷』と『リスク』を軽減するには、マイナンバー取得から支払調書作成まで一貫した『業務効率』と『安全』を両立させることが重要です。

支払調書のマイナンバー運用モデル

奉行シリーズ、奉行i 8シリーズ、奉行i 10シリーズは、株式会社オービックビジネスコンサルタントの商標または登録商標です。

資料請求・お問い合わせ

資料請求に関するお問い合わせはこちら:フリーダイヤル 0120-553-512資料請求お問い合わせ

関連情報

  • 奉行シリーズ
    奉行シリーズで経営課題を解決!
    流れるように、スマートに、「奉行シリーズ」は貴社の基幹業務を革新します。

    奉行シリーズ

  • オフィスサプライ
    仕事効率UP!お客様のオフィス業務改善をトータルにサポートします。

    オフィスサプライ

  • サポート
    お客様のオフィスの不安を万全なサポート体制で解決します。

    サポート

このページの先頭へ戻る



特定分野・地域限定システム&サービス

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索

ソリューション