勘定奉行クラウド 建設業編

奉行奉行クラウドソフト・ハード財務会計

勘定奉行クラウド 建設業編の概要

勘定奉行クラウド[建設業編]は改正電帳法に対応した経理DXを実現します!

  

1.建設業特有の業務をすぐに経理DXへ実現

    いつもの手作業をデジタル化することで、大幅に業務時間を削減できます。
 

2.質の高い会計業務と工事原価の見える化を実現

    細かな原価管理機能によって、工事別の原価をリアルタイムに見える化できます。
 

3.お客様のペースで経理DXを進められる

    勘定奉行クラウドのデジタル化は、部分的に採用可能です。今までの業務を続けながら、お客様のペースで始められます。

導入効果

改正電帳法に対応



改正電子帳簿保存法に対応した機能を備えているため、安心してご利用できます。

支払業務までデジタル化できる



従業員から証憑したデータを、請求書など支払業務をアシストします。

現場が管理する電子証憑を
デジタルで収集できる


従業員が受領した証憑や、拠点で管理される証憑を、電子データにて収集し、経理業務に活用ができます。

紙の業務をデジタル化へ



業務仕様を変えることなく、紙の業務をデジタルへ置き換え、経理DXが実現できます。

仕訳起票の所要時間と
ミスを大幅削減


証憑や入出金情報などの取引情報より、仕訳を自動作成することで、手作業や転記によるミスを削減できます。

業務時間の削減により
さらなる品質の向上


経理DXを実現することで、経理業務全体に掛かるコストの大幅削減が可能です。

勘定奉行クラウド 建設業編の特長

経営事項審査申請書に必要な情報を一元管理

経営規模等評価申請に必要な書類を自動作成し、そのまま提出書類として利用ができるため、作成する手間や行政書士に依頼する必要がなくなります。また、翌年度以降は変更点を更新するだけで申請書が完成します。


スマホやPCでいつでもどこでも証憑をアップロード。
現場が持つ証憑も電子データにて収集し、経理業務に活用できる


PDFなどの電子データだけでなく、紙で受領した領収書などの証憑もスマートフォンで写真を撮るだけで電子化ができます。また、アップロードされた証憑はタイムスタンプを付与した状態で自動保管が可能です。
営業担当と責任者間での承認申請や差戻にも対応する為、電子証憑を紙に印刷して承認作業を行う手間や、紙と電子データの二重管理も不要になります。


証憑アップロード画面

各金融機関との連携により入金や支払処理を自動化へ


入出金情報をデジタルで完結できることにより、明細を見ながら工事別仕訳を手入力する作業がなくなります。
勘定奉行クラウド内で電子取引の要件に沿って、インターネットバンキングの入出金明細を自動保管できるので、電帳法対応にも安心です。

入出金明細画像

other

担当者からのひとこと
勘定奉行クラウド[建設業編]は、今までの業務の流れを変える必要もなく身近なデジタル化によって、建設業界特有の経理業務の生産性を
向上したいお客様へお勧めしたいクラウド会計サービスです。
電子帳簿保存法にも対応しておりますので、課題を抱えているお客様でも是非一度オービック オフィスオートメーションへご相談ください。

関連製品

関連情報

お問い合わせ

お問い合わせ

奉行シリーズの操作については下記をご確認ください。

PAGE TOP