勘定奉行

奉行奉行i11ソフト・ハード財務会計

勘定奉行の概要

システム概要

勘定奉行 i11は、基本的な財務会計業務はもちろん、共通費の部門配賦や予算実績管理をはじめとした管理・マネジメント業務までを標準機能で対応しています。また、外部システムからの仕訳データの取り込みや、オプションシステム・奉行シリーズとのデータ連携など、高い拡張性を実現しています。利用者権限やログ管理をはじめ、セキュリティ機能も充実。勘定奉行 i11で、日々の財務会計業務の効率化と、分析・集計による会計データのさらなる活用が可能となります。

システム概要図

勘定奉行の特長

勘定奉行i11 3つのコンセプト

1.操作・処理機能の充実  2.管理レベルの強化  3.マネジメント視点の導入

  • 入力支援機能を使いこなすだけで、日々の仕訳データの検索や入力をより迅速に行え、未然に入力ミスや漏れを防止することができます。
  • 元帳では勘定科目・補助科目・部門・摘要だけでなく、取引先の情報も表示可能です。各種の項目表示により目的の伝票検索にて、ダイレクトに仕訳伝票へジャンプして確認・修正ができます。
  • 部門別に経費配賦した結果を集計した業績管理や、予算実績集計対比による分析ができます。各管理資料はダイレクト転送機能によりEXCELへデータ出力も可能です。
  • 投下コストに対する効果を『会社⇒部門別⇒取引先別』のように『マクロの視点』から『ミクロの視点』に展開して把握することができます。

other

勘定奉行i11 連携・組合せ・システムアップ活用例

【課題】

  • 経理の担当者が支払をExcelで管理している。
  • Excel管理の場合、前月からの未払額・今月の支払額などの集計が難しく、振込金額の間違いや振込忘れなどが発生する場合がある。
  • 仕入先から届いた請求書と仕入の仕訳伝票との付け合わせも作業の負担が多い。

【支払管理オプションで解決】

  • 入力した仕入や各種経費の仕訳から『支払日・支払額・未払金を自動で算出』
  • 支払額を確認・確定することにより、『支払仕訳データ(振込データ)を自動作成』

支払管理オプション導入後は、こんな支払業務フローになります!

関連製品

お問い合わせ

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

0120-553-512

営業時間:9:00~17:30 (土曜・日曜・祝日・年末年始および、弊社休業日を除く)

携帯電話・PHSのお客様は03-3245-6805へお問合せください。
※通話料金はお客さまのご負担となります。
※電話番号をよくお確かめのうえ、おかけください。

PAGE TOP